無料
エロ
動画

今すぐ出会うには

出会い系サイトのリアルな情報をいち早く紹介しています。コンテンツにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方はご遠慮下さいね。

定型文で攻める

2.メールの定型文攻撃攻略法



出会い系サイトを利用し、女の子にメールを出す時、予め定型文(テンプレート)を作っておいて、その定型文(テンプレート)を出会い系サイトで返信する人もいると思います。


A.ファーストメール/セカンドメール以降の定型文(テンプレート)作成


これはいくつかパターンを作っておくことをお勧めします。例えば、

・ファーストメール

    ○自己紹介編
    ○流行話題中心編
    ○地域話題中心編
    ○相手興味探求編
    ○等。

この時、ファーストメールでは顔文字や軽い印象を受ける内容は避ける。出会い系サイトでは軽そうなな奴、怪しそうな奴と思われる事は禁物だからです。ファーストメールでは自己紹介はあってもいいですが、あなたの近況報告はあまり必要ありません。近況報告はファーストメールで書くのではなく、セカンドメール以降織り交ぜていった方がいいでしょう。

・セカンドメール以降

    ○流行話題中心編
    ○地域話題中心編
    ○あなたの近況報告編
    ○相手興味探求編
    ○等

セカンドメール以降の場合も顔文字や軽い文章は相手の年齢などによりますが、男性がメールを書く場合は少ない方がいいと思います。
そして定型文(テンプレート)は、状況に合わせ、それぞれの定型文を組み合わせて使ってください。
あくまで女の子がどんな子か又、話題によって送る内容も変わってくるので注意。
定型文(テンプレート)は出会い系サイトで経験を積むうちにあなたの成功例を加味しながら変更していって下さい。成功例を加味せず定型文を作っていくと、出会い系サイトで返信の来ない例文(失敗例)になってしまいます。
定型文(テンプレート)を作るという事は最初は面倒かもしれませんが、出会い系サイトを利用するにはとても便利な出会いツールとなります。
そして定型文(テンプレート)は出会い系サイトで使わずともいいという事も付け加えておきます。
定型文(テンプレート)例文としてあなたのその後のノウハウとして出会い系サイト活動で生かしていけばいいからです。
例えば、暫く出会い系サイトを利用する時間がなく、やり方を忘れてしまった時や、メールの書き方に迷いが生じた時などに参考になり、出会い系サイトで更にいいメールの文章が思い付く時があります。
最近写メールや写真付き掲示板等画像投稿できる出会い系サイトがありますが、あなたがベストショットと思った画像も一枚と言わず何枚か定型文と同じく用意しておく事もお勧めします。

B.出会い系サイトにおける定型文(テンプレート)の例文としての活用


既に触れましたが、出会い系サイトにおける定型文(テンプレート)は、それをそのまま簡単に送る為だけのものではなく、メールの例文としての役目もしますので、出会い系サイトで定型文(テンプレート)は必要としないという人にも作っておくことをお勧めします。
それと、出会い系サイトを利用していると様々な状況に遭遇します。
定型文(テンプレート)として用意しておくと同時にその様々な状況に対応できるノウハウとしての役目も果たしてくれる様に仕上げておくのも良い方法です。
出会い系サイトの定型文(テンプレート)は、必要に応じて書き換えて下さい。


☆ポイントアドバイス☆


・テンプレートは、無差別にコピペして使う為の物という考えではなく、出会 い系サイトを利用する時のあなたのノウハウが蓄積した参考書として考え  る。
・出会い系の情報サイトで、「ファーストメール」「セカンドメール」の書き 方や例文というコンテンツを扱っているサイトがありますが、それらを何も 考えずコピペして送ってもいい返事は返ってきません。
 必要なのは、「なんで?」という理由を考えることです。
 そうしていけばたくさんの女の子をメル友にできる可能性が出てきます。


↓↓オススメ公式サイト入り口↓↓
ミントC!Jメール 18禁 ★人妻掲示板があり人妻、人妻好きにお勧めサイト!


メル☆パラ 18禁 ★ここは若い子率が高い。若い子好きにオススメ! 


ワクワクメール 18禁 ★会員数が多く、出会える確率も高い。機能が充実していて使いやすい。


PC☆MAX 18禁 ★飽きさせない楽しい機能が満載!かなり出会えるサイト!


ハッピーメール 18禁 ★会員数が多く出会える確率もかなり高い!


booiboo 18禁 ★登録会員数はTOP。絶対出会える!


ワイワイシー 18禁 ★シンプルでわかりやすく初心者にお勧め。


ASOBO 18禁 ★有名な優良老舗サイト!かなり出会える!







コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close